空家

高齢化社会の原因は高齢な人口の増加です
若い世代がいないと町は寂れます
空家が多い地方の町では人口減少と空家問題が深刻ですね・・・
税金対策に頭を痛めた時代と
収入がないので所得は低いが固定資産税だけは支払う必要があり
税金支払いの苦労が絶えない時代になってきています

 

空家の税金対策より売却して相続対策したほうがいい?

 

 

 

増税前に住宅ローンを組みました。それまで、家を買う気が全くなかったので、住宅ローンに関する知識もありませんでした。
しかし、土地付き一戸建ての持ち家というものには憧れもあったので、決心したという感じです。
頭金は、持っている全財産をつぎ込む感じでした。
そうでないと、審査がなかなか通らなかったからです。
一旦は、ここまで無理して買うものではないのかもしれない、と思い留まりました。
でも、不動産会社との打ち合わせはどんどん進んでいたので、夢は膨らんでいたのです。
今更、後戻りはできないと思いました。 私は、もっと住宅ローンについて勉強するべきだったと反省しています。
土地と家、諸々の手数料や登記費用、固定資産税などがかかることは分かっていました。
それに加え、火災保険や地震保険、水道管工事費用や当初の見積もりからは値上がったオプションの分も、頭金に加えて請求されました。
これで、首が回らない状態に追い込まれたのです。結局、支払いを一部待ってもらいましたが、その間も住宅ローンは発生します。このことで、精神的に追いつめられることも多々ありました。
やはり、住宅ローンを組むということは、人生の中でも最大の出来事だということを、ちゃんと考えるべきでした。
審査が通りにくかったのも、私がこのような状態になってしまうことを見透かされていたような気持ちにさえなりました。
私は、同じ会社に10年勤める事務系のOLです。
年収はそれほど高くありません。
それなのに、無理して住宅ローンを組んでしまったことに、少し後悔もあります。
ローンを返済するまでは、娯楽も控えなければなりません。

それも辛いことで、そうなってくると一体何のために家を買ったのだろうと思ってしまいます。
しかし、もう返済するのみです。一生懸命働いて、コツコツ返していきたいと思います。

 

住宅ローンと借金を通じて学んだこと 終の住処にしようと、住宅ローンを組んで家を建てました。
定年まで働く想定でした。
しかし、抑うつ状態になり休職しました。
休職期間中のローンは、貯金を切り崩し何とか支払いましたが、会社への復帰の目処も立たず、休職期間が長くなればなるほど、居づらくもなってしまったため、退職することにしたのです。
心配だったのは、退職金や貯金が底を突いた後の支払いについてでした。
首が回らない状態に陥ったため、親に相談して親から借金をすることになりました。
自分が病気になること、会社を辞めること、親から借金をすることなど、想定外の出来事ばかりでした。
住宅ローンに借金など、心身共に健康でないと背負えないものだと感じました。
家と土地が残ったことは、救いでした。

実際に空家は維持費がかかります
固定資産税と修繕費だけでもバカになりません
毎年土地価格が値上がりするならまだしも
今が高値の最高時期とすれば
売却しないで維持管理する分だけ毎年資産が減ることになります
無駄な税金だけでなく維持管理の手間を考えると
上手く査定で高値を高き出す不動産業者に売りを依頼したほうが得でしょうね